福井県で手作りを楽しむアットホームな教室です。石鹸・コスメ・アロマテラピー・時々お裁縫...。
スマホの方はPC版表示をオススメしています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

S様オーダー母乳石けん
母乳石けんのオーダーを頂きました。
実は初となる県外の方から!
嬉しくて小躍りしながらの作製です。←

まずは、あらかじめ低温殺菌して再冷凍しておいた母乳を測ります。
ふだんは105g使用するのですが、十分な量を送って頂いていたので
150gと母乳を多めにしました。


こちらに苛性ソーダを入れると!

濃い黄色になります。
この色はお客様によって違うのですよ〜。

オリーブオイル、パーム油、パーム核油と混ぜ合わせます。

良い石けんになりますように!という願いをこめつつ
ぐるぐる混ぜる事30分。
ブレンダーを使わなくてもしっかりとトレースが出ました。
今回は無香料をご希望でしたので、このまま型に流し入れて完成♪

一日保温し、明日以降に型出しをします。
お楽しみに♪
母乳石鹸教室、スタート。
あわもこの森の新たな試み!

母乳石鹸教室をスタートしましたぴかぴか

長い人生でほんのわずかな時期にしか作れない特別な石鹸を

自分の手で作ってみませんか?



赤ちゃんとお母さんの思いを大切にしたいので

完全予約制、講師とマンツーマンのプライベートレッスン制となります。

赤ちゃん連れOK!旦那様のご参加も大歓迎ラブ

ご家族、仲の良いお友達とのグループ制作も可能です。

畳スペースもありますので、ねんねの赤ちゃんもご安心下さい(*'-')



アットホームな教室で、エッセンシャルオイルの香りに包まれながら

ゆったりとした気分でお作り頂けます。





お名前や誕生日、出生体重等の刻印を押してお届けいたします。


詳しくはホームページにてかわいい

お問い合わせもお気軽に♪

お申し込みお待ちしておりますポッ
母乳石鹸試作。
またまた夜中に石鹸作り。

今回は友達が撮影用にと提供してくれた母乳を使った母乳石鹸です。

仕込みだけして、型入れはあわよくば明日に…と思っていたのですが

甘かった。

やはりタンパク質入りは反応が早いです。

明日の朝には間に合いそうもないので

ブレンダーで型入れまで持って行く事にしました。

ブレンダーは結構な音が出るので、

夜中の使用はなるべく避けたかったのですが

そんな悠長な事は言ってられません(~_~;)

考えた挙句、一番実害の少なそうなサンルームで、

ダンボール箱にボウルを入れてブレンダーをかけました(笑)



旦那さんは起こしてしまったかもだけど、

子供達は無事起こさずに済みました(^_^;)

先日の型に入れて、保温箱へ。



うまく型出しできるかなー♪

楽しみです(*^^*)
母乳石鹸のこと。
母乳石鹸の簡単な流れをご説明させて頂きます('∇')
 
母乳石鹸のベースとなる石鹸は、マルセイユ石鹸です。
 
このマルセイユ石鹸の水の半分を母乳に変えて作ります。

母乳石鹸を作ろうとお考えの方は、まず、ご自宅で余った搾乳をし、

その都度冷凍保存して頂きます。

流れとしては

 
授乳後、余ったおっぱいをコップなどに絞る
  ↓
ジップロックにうつして冷凍
  ↓
次の授乳後に搾乳し、同じジップロックに足して冷凍


以上の繰り返しです。

110gあれば牛乳パック1本分のマルセイユ石鹸が作れます。

教室や代行制作では、念のため多めに150gお預かりしています。

代行制作のみでお選びいただけるベビーシューズ型の石けんは

40gの母乳をお預かりしています。

 
この冷凍しておいた母乳を湯煎にかけ、

70度になったら、その状態で1分間加熱します。

フタをしたまま自然に冷まし、再度冷凍します。
 
これが低温殺菌の方法になります。


低温殺菌して凍らせた母乳に、規定の量になるまで精製水を足し
 
母乳石鹸を仕込みます。


あわもこの森では、母乳を冷凍のままお預かりし、

当方で低温殺菌作業をして、教室当日(制作日)まで冷凍保存させていただきます。


基本的に長期保存ができるマルセイユ石鹸で仕込みますが、

ご希望であれば他の石鹸のレシピで作る事もできます。

通常の石けんのように、色をつける事も可能です。
 

以上が母乳石鹸の流れになります。

その他ご質問があれば、お気軽にお問い合わせ下さいませ(*'-')